【SALTWATERS.JP】は、海のルアーフィッシングのテクニックやポイントの選定、タックルなどを探求します! ソルトウォーターズ公式サイト
HOMEへ アジング チヌゲー シーバス メバル その他 そるおたタックル研究 そるおたランキング そるおたルアー用語辞典
■記事カテゴリー
ニュース速報!過去ログ
Report
 ┣アジングニュース
 ┣2012年1月~12月
 ┣2011年7月~12月
 ┣2011年1月~6月
 ┣2010年7月~12月
 ┣2010年1月~6月
 ┣2009年
HOME
■そるおたメーカーリンク
ダイワ シマノ
ラパラ タックルハウス
アイマ ジップベイツ
邪道 アピア
バークレイ デュエル
OZ ノースクラフト
コアマン スカジット
がまかつ ヤマガ
UFMウエダ ダイコー
UZU マリア
エコギア オフト
ジャクソン ティムコ
スミス デュオ
マーズ ガイア
釣研 オーナーばり
パブリック マングローブ
ニュース速報!シーバス上げ潮パターン検証2! 2011.11.17
結局、シーバスに行ってしまいました。とにかく半端ない疲労感で寝ぼけた感じ
での釣りでしたが、小潮で上げ潮パターンが成立するのか?どうしても検証
したくて、釣行しました。基本的な考え方として、①シーバスは遊泳力をカバー
する為に、上げ潮の浮力と流れを利用していること。②シャローにステイして
ブレイクに沿って下げてくる流れから飛び出してきた小魚を捕食すること。
③シャロー側に上げ潮の上げる方向に潮が効いて、ブレイクより向こう側は
河口であれば川の流れなどの影響で下げる方向に潮が動いていること。
④結局、下げ潮パターンの場合はストラクチュアの影に潜んだシーバスが
流れてくるベイトを捕食する図式なのでポイントを絞りやすいと言われてますが
上げ潮パターンも上述のように上げ潮と下げる潮が明確に交差している境目
を発見することができれば、そこにシーバスが存在し、且つ食い気のある個体
が居る確率が高いことが伺えます。今回も以前から目をつけていた、ポイント
にこの理論が本当なのか?再現性があるのか?探ってみました。結果は、
潮位が低すぎてシンペンが使えない状況でしたので、シャローをぎりぎりに狙え
るデュエルのハードコアミノー130Fを使って、アップクロス気味にキャストして
ぎごちないU字を描いた時に、水柱!そしてシーバスのエラ洗い!型は小さい
ものの、今回はやる気のあるシーバスが居てくれたようです。
潮目を読むときに重要なのは海水と真水や上げ潮と下げる潮の境目などを
総合的に考えるとシーバスをより見つけやすくなることでしょう。

◎フィールドの状況
日時:2011年11月17日
天気:晴天 少し風あり!
潮時:満潮直前 小潮 上げ潮
時間:23:00-23:30
状況:潮がクリアで流れ少し速し

◎釣果
 シーバス 60cm弱 1ゲット!

◎今回のタックル
ロッド:ヤマガブランクス EARLY95MLRF
リール:シマノ エクスセンスCI4 4000S
ライン:デュエル X-WIRE 0.8号
ショックリーダー:フロロ16lb
ルアー:デュエル アイルマグネット90F ハードコアミノー130F
ニュース速報!シーバス上げ潮パターン検証! 2011.11.16
最近、猛烈に忙しいので、アジングに非常に行きたいという気持ちが強かった
のですが、結局ポイントが近いシーバスに出かけてしまいました。今夜は、ここ
2年くらいハマっている上げ潮パターンを検証する目的で釣行しました。
大潮の後にくる上げ潮は潮の上がるパワーが弱く、本来の上げ潮パターンが
通用しにくいのは分かっていましたが、遠投することによって、川の流れが強く
下げる力が強い場所と上げ潮が効いて潮の動きが緩い場所が絡むポイ ント
で、違う潮の流れがぶつかる壁になったような部分に必ずシーバスは捕食活動
に絡んでいるだろうと予測し、これをどうしても検証したかったので、上記の潮の
流れが観測できる2箇所のポイントを巡ってみました。ズバリ!予想通り!
最初のポイントで、かなり遠くのポイントでいきなり水柱が立ってヒット!しかし
ながらドラグ設定がまずかったせいか、リアフックを伸ばされてゲットできず・・・・
その次のポイントでもいきなりバイトがありましたが、ヒットに持ち込めず・・・
魚が居ることは分かったので、少しアップクロス気味に投げて漂わせるように
トライデントを泳がせるとグググッと引きずるような感じのヒット!魚が大きくない
感じがしたので、障害物を避けながら手前へ寄せてランディングすると60センチ
弱のきれいなシーバスでした。今回は、これまで攻めたことの無いピンポイント
を遠投できるシンペンのエクスセンス トライデントを使って、どう攻略するか
事前に考えていた通りのゲーム運びができたので、大満足でした。ただし、
遠くでフッキングさせてからのやりとりと、フックの大きさ等を見直すなどの工夫
が今後も必要になってきそうです。シンペンを漂わせることは後日解説します。

◎フィールドの状況
日時:2011年11月16日
天気:晴天 少し風あり!
潮時:満潮直前 中潮 上げ潮
時間:22:00-22:30
状況:潮がクリアで流れ少し速し

◎釣果
 シーバス 60cm弱 1ゲット!

◎今回のタックル
ロッド:ヤマガブランクス EARLY95MLRF
リール:シマノ エクスセンスCI4 4000S
ライン:デュエル X-WIRE 0.8号
ショックリーダー:フロロ16lb
ルアー:シマノ エクスセンス トライデント115S AR-C
ニュース速報!久々にアジング!激シブに挑戦! 2011.11.06
今年は昨年の同時期に比べて気温が高く、秋雨が今頃やって来たといった
感じに湿っぽい日々が続いています。当地でのアジンガーも増えているようで、
どの漁港もアジンガーの車が多く見られます。しかし、アジの絶対数が少ない
こともあって、時合に釣行時間を合せるなどの工夫をすることで、釣果を伸ばし
ている方もおられるようです。最近、超忙しいこともあって、例えるならドロップ
キックで場外に落とされたプロレスラーが再び髪をつかまれてリングに戻される
様な疲労を感じる中で、行くか行かぬか・・迷いましたが釣行してしまいました。
しかも、ポイントに着くとロッドの先っぽを間違えて持ってきてしまったので、再び
家まで15分以上かけてロッドを取りに帰るという始末・・・しかも、小潮で潮は
干潮という最悪の時間帯でしたが、ロッドを取りに帰ったことが幸いしてか、
釣り始めた頃から上げ潮が効き始めて潮が流れる良い感じに・・・レインの
ワームで探ってゆくと足元でコツンと硬いアタリ!しかもフグの姿が無かったので
かなり釣りやすい状況でした。潮が30分ごとに流れ方を変えている感じだった
ので、その都度、ジグヘッド+ワームを放り込むピンポイントを変えながら何とか
粒の揃ったアジを8匹ゲット!やはり結構渋めな感じです。ラインはできるだけ
細く、ワームは軽くといった装備で臨めば時合には数多くゲットできそうです。

◎フィールドの状況
日時:2011年11月03日
天気:晴れ時々くもり 緩い風 比較的暖かい
潮時:干潮 1時間後 小潮 上げ潮
時間:18:30-22:00
状況:潮がやや濁りで少しうねり有り 

◎今回の釣果
 アジ8匹 

◎今回のタックル
ロッド:シマノ ソアレSS S800ULS
リール:シマノ ソアレCI4 C2000PGS
ライン:サンライン・スモールゲームFC フロロ 2lb
ジグヘッド:メバル弾丸1.5g 1g
ワーム:バークレイ ベビーサーディン
     レイン アジミート
ニュース速報!久々にアジング!シーズンイン? 2011.10.26
めまいがするほど忙しい中、やっと用事を済ませて車外で釣りスーツに着替えて
フィールドへ直行しました。ポイントに着くとやはりアジのベイトとなるイワシ(シラス
)がウジャウジャと群れています。時々アジらしきボイルがあったので、期待し
ながらキャストを繰り返しますが、やはり天敵のフグが居たり・・・でなかなか、
難しい状況でした。ラン&ガンしながら、市内の各漁港を巡回してゆくと、やはり
昨年とはアジの着き場が変わっていて・・・というよりも新しい港を造成したり
浚渫の影響もあってか、ベイトの漂着するポイントが微妙にずれていました。
漁師のおっちゃんが言うには沿岸部のアジの回遊は今年は特に数が少ないの
で、遠くの漁場まで出てゆくとの話・・・確かに例年に無く夏以降もアジが渋い
状況が続いていますが、極々たまにデカアジも混じるので、群れは小さくとも
例年通りにプリスポーンのアジの群れが接岸していることは間違いないでしょう。
そして10/23(日)の釣果は大小あわせて18匹の釣果でした。そして、昨日
10/25(火)は冬の気配漂うフィールドで冷たい突風の中での釣行となりました
。急に気温が下がり、冷たい強風が水面を叩きつけるのでさすがにベイトの姿
は全く見当たらず・・・しかし、ワームを投げると何らかの反応が・・・けれども
猛烈な突風にラインが煽られて正確なアタリがとれず大苦戦・・・こんな時こそ
感度が良いチューブラーが恋しくなりますが、我慢我慢の釣りで、何とかプリ
スポーン絡みのアジを2匹とコアジ2匹の釣果となりました。やはり強風下の
アジングは魚が居ても難しいですね。あまり底を狙うとメバルが喰ってきたり、
レンジの調整も難しかったです。

◎フィールドの状況
日時:2011年10月23日
天気:晴れ時々くもり 緩い風 比較的暖かい
潮時:満潮1時間後 中潮 下げ潮
時間:18:30-22:00
状況:潮がやや濁りで穏やか 

日時:2011年10月25日
天気:晴れ時々くもり 突風 超寒い
潮時:満潮後 大潮 下げ潮
時間:18:30-21:00
状況:潮がやや濁りで波浪 


◎10/23釣果
 アジ18匹 

◎10/25釣果
 アジ4匹 

◎今回のタックル
ロッド:シマノ ソアレSS S800ULS
リール:シマノ ソアレCI4 C2000PGS
ライン:サンライン・スモールゲームFC フロロ 2lb
ジグヘッド:メバル弾丸1.5g 1g
ワーム:バークレイ ベビーサーディン
     レイン アジミート
ニュース速報!サイレントアサシン99Fの汎用性!2011.10.10
昨夜は用事があったので、用事が済んでからポイントを見回ってみましたが、
どこもセイゴばかり・・・物凄い数の・・・しかも一年魚とおぼしき小さなセイゴが
無数に群れています。この中から10年後にはランカーに成長して楽しませて
くれる個体も居るやもしれません。今夜はシーバスを・・・というよりも、最近
メインに使用しているシマノ エクスセンス サイレントアサシン99Fがどこまで
使えるのか?試す目的で釣行しました。前回のランカーシーバスが妙な喰い
方だったのにも拘らず、激しいバイトでハーモニカ食いだったので、99Fの
汎用性はかなり高いとみて、もう一度試したくなってしまいました。
早めにフィールドへ出てポイントに立ちましたが、潮が全く動いていない状況
こういう時はスタッガリングスイマーで弱ったイナっ子に模して引いてくると、下から
ドンッ!とシーバスが喰ってくることが多いのですが、今夜ばかりはセイゴだらけ
で、とりあえずセイゴが一匹釣れたのみ・・・そして、待つこと2時間・・・潮が
まともに動かず、風もないので鏡面のような潮の流れ・・・ある一定の流速に
ならないと不思議とシーバスは反応しない(下げ潮)ので、帰ろうかなと思い
かけた時に潮がやっと走り始めました・・・少しやる気を起こしてキャストを続ける
と予想通りヒット!エラ洗いするものの・・はっきりとハーモニカ食い状態だった
ので、いつもより強引に寄せてランディング!99Fを使い始めて、そんなに時間
は経っていませんが、例えば一定の条件でセットアッパー的に投入するジップ
ベイツのタイダル11Fのような特殊性はなく、ラパラCD9のような感覚で、
しかも、遠投もできるというのが99Fの良い部分です。

◎フィールドの状況
日時:2011年10月10日
天気:晴れ ほとんど無風!
潮時:満潮直後から 大潮 下げ潮
時間:19:30-21:30
状況:潮がクリアで流れ遅し まったりとした感じ

◎釣果
 シーバス 1ヒット 70cm 1ゲット! 

◎今回のタックル
ロッド:ヤマガブランクス EARLY95MLRF
リール:シマノ エクスセンスCI4 4000S
ライン:デュエル X-WIRE 0.8号
ショックリーダー:フロロ16lb
ルアー:シマノ エクスセンス サイントアサシン99F AR-C
ニュース速報!サイレントアサシン99F大活躍!2011.10.9
明日になると忙しくなるので、結局ポイントの遠いアジングを諦めて、シーバス
狙いで近くのポイントのラン&ガンを試みることとしました。特に最近ハマっている
シマノのAR-C機能搭載ルアーの使い方を習熟するために、いろんな状況
やパターンを試してみたいと思いつつポイントへ車を走らせます。
やはりフィールドに出ると秋の匂いと乾いた風が気持ちよく、なかなか気分転換
には良い季節です。中潮の満潮からの下げ狙いとなりましたが、潮の動きは
緩慢でまったりと流れていると言った感じでした。風もほとんどなく水はクリアで
鏡面のようなタフコンディション・・・月も出てるし・・ちょい厳しいかなと思いまし
たが、本日のプランは満潮にさしてくるフッコの群れと遊んで、それから水位が
ある程度下がったところで、ワンチャンスのランカー狙いといった2段階のゲーム
プランで考えて早速キャスト開始・・。やはり予想通り、カタクチイワシが下火に
なったせいかイナっ子パターンが効いているような細かいバイトの感触が手元に
伝わってきます。このときのルアーは邪道のチョーサン。チョーサンやスーサンは
ダウンクロスに投げてスライドさせながら手前まで引いてくると本当にフッコや
セイゴクラスには効果抜群です。そして、ガツン!とヒット!60cmくらいの個体
でしょうか・・最近接岸した個体は60cmくらいの群れのほうがベイトをたくさん
食っていてパワーがあります。しかし・・・タモを準備しようとした時に、油断して
根に持ってゆかれ敢え無くラインブレイク!その後、シーバスがエラ洗いしていた
ので、バーブレスフック故に外れてくれたとは思いますが・・・チョーサン討死!
いやーまあこんなこともあるかと思ってラインを結び直しラン&ガンして周回して
いると水位も下がってちょうどいい感じになってきたので、ランカー狙いのワン
チャンスにかけます。そして、キャスト2回目の時・・・あらら・・ロッドの半分が
すっぽ抜けて水中へするすると入り込んでゆき・・・あちゃーこれは・・と思いつつ
回収しようとした、その時!バゴッ!という捕食音と共に強烈な引き込み!
ロッドの半分が無いのに・・なんじゃこりゃ・・という状況でファイト!ラインブレイク
などしたら、ロッドの半分を失ってしまうので、今回ほど魚に外れて欲しいと
思ったことは過去に例がありませんでした。シーバスの口にはルアーに加えて
ロッドもくっついた状態なので、ホント肝を冷やしながら慎重に寄せて何とか
ランディングに成功!いやー恥ずかしいというか・・・スリルを味わいました。
速報には82と書きましたが、後から思い出して83cmだったので書き換えて
おきます。シーバスが痩せてパワー不足なので、まだまだ走りかもしれません。

◎フィールドの状況
日時:2011年10月08日
天気:曇り時々晴れ ほとんど無風!
潮時:満潮直後から 中潮 下げ潮
時間:18:30-21:30
状況:潮がクリアで流れ遅し まったりとした感じ

◎釣果
 シーバス 2ヒット 83cm 1ゲット! ラインブレイク1!

◎今回のタックル
ロッド:ヤマガブランクス EARLY95MLRF
リール:シマノ エクスセンスCI4 4000S
ライン:デュエル X-WIRE 0.8号
ショックリーダー:フロロ16lb
ルアー:シマノ エクスセンス サイントアサシン99F AR-C
ニュース速報!エクスセンス トライデント登場!  2011.09.30
午前中に雨が降り、蒸し暑さが残る中で、イワシが接岸してるという話を聞き
たぶんシーバスの群れも引き寄せられて接岸していると予想して釣行しました
イナっ子も数が減っているし・・・少しだけ小さな魚のもじりは見えましたが、雨の
量も少なかったので少し心配でしたが、帰りに購入したシマノのエクスセンス
トライデントを試してみようと思いキャストを繰り返しました。
とにかく体験したことの無いくらいぶっ飛ぶシンキングペンシルです。適当な
重さがあるので、泳ぎも安定しています。と、その時、遠くでバシッとバイトして
シーバスがエラ洗いした瞬間にフックアウト・・・とりあえず魚の反応があったので
このルアーでも釣れると確信してキャストを繰り返すと岸際でひったくるように
強いアタリと共にヒット!何故かしら、この時期の魚は体力があってなかなか
寄せられません。なんとか粘って引き寄せて無事にランディング。魚をゲットした
嬉しさもありますが、ここ数年の間にシマノ社製のルアーが年々進化している
ことには驚かされます。このトライデントはアップ気味に投げてもダウンクロスでも
安定して泳ぐようです。しかも着水時から安定して泳いでくれます。

◎フィールドの状況
日時:2011年9月30日
天気:曇り ほとんど無風!
潮時:満潮直後 中潮 下げ潮
時間:20:30-21:30
状況:潮がやや濁りで流れ少し速し

◎釣果
 シーバス 60cmくらい 1ゲット!

◎今回のタックル
ロッド:ヤマガブランクス EARLY95MLRF
リール:シマノ エクスセンスCI4 4000S
ライン:デュエル X-WIRE 0.8号
ショックリーダー:フロロ16lb
ルアー:シマノ エクスセンス トライデント115S AR-C
ニュース速報!今夜はチョーサンの日でした!    2011.09.26
秋も深まり・・・といいたいところですが、昼間は暑く、たぶん水温も高かったの
では?と思いつつ、朝方にちょこっと降った雨に期待して釣行してみました。
珍しくマンデーナイトゲームのシーバスです。やはり中潮の満潮から1時間ほど
時間が経っていたので、潮の流れが速くゴミは多いし釣りにならないんじゃないか
と思わせるような状況でした。
早速、先日の当たりルアーだったシマノ エクスセンス99Fを投げてみるものの
かすかなアタリを何度か拾うのに魚が乗らない・・・そこで、チョーサンにサイズ
ダウンしてポイントを探ってゆくと、バシッという音と共にヒット!引き具合は勢い
が良かったですが、浮いてきたシーバスは50センチ足らずのフッコでした.
フッコであれば数釣りが楽しめるかも♪と思いつつキャストを続けると・・・
またまた、バシッ!という音と共に、今度はドラグが思いっきり引き出されます。
さっきシーバスを釣ったばかりでラインチェックも疎かにしていたので慎重にファイト
を楽しみました。そんなに大きくはないのに・・・海から上がってきたせいか?
はたまた、水温が安定して朝方の雨で溶存酸素量がおおいせいか?何度も
ドラグを出されながら、ようやく寄せてランディングすると60センチくらいの
シーバスでした。今夜は、ストラクチュアに沿ってチョーサンをダウンクロスに投げ
てスライドさせるような感じで引いて見ました。今夜はどうやらチョーサンの日
だったようです。ひょっとしたら小さなベイトを捕食していたのかもしれません。

◎フィールドの状況
日時:2011年9月26日
天気:曇り ほとんど無風!
潮時:満潮一時間くらい後 中潮 下げ潮
時間:20:00-21:00
状況:潮がやや濁りで流れ速し

◎釣果
 シーバス 60cmくらいと50cmくらい 2ゲット!

◎今回のタックル
ロッド:ヤマガブランクス EARLY95MLRF
リール:シマノ エクスセンスCI4 4000S
ライン:デュエル X-WIRE 0.8号
ショックリーダー:フロロ16lb
ルアー:邪道 ヤルキスパークリングサンダー ローリングスペシャル チョーサン
ニュース速報!2011年後詰ルアー実力発揮!     2011.09.24
昨夜は全くと言っていいほど魚の気配が無かったので、今夜は正直どうしようか
と迷ってしまいましたが、新たに導入したシマノのエクスセンス サイレントアサシン
99Fを投げてみたくて、結局釣行してしまいました。満潮が17:30頃だったので、
今夜も下げ潮の急流パターンということで、ここ最近、上げ潮パターンに慣れ
てしまった自分にとっては自信の無いシチュエーションでした。しかも、ゴミも
依然として多いし・・・これはかなり難しいと思いつつフィールドに出ました。
こうした状況下で狙えるとしたら、教科書通りに行けば橋脚周りということ
なのですが、ほとんどのポイントに先行者が立ち入った形跡があったので、
たぶん難しいだろうと思い、潮目を探していくつかポイントをラン&ガンして周回
しました。口で表現するのは難しいのですが、海底や川底の地形の変化に
よって上流から下流側に潮目ができた時に潮と潮がぶつかって和服の襟のよう
に重なる部分が発生するのですが、こうした潮目が出来ると、その周りに
シーバスが上流から流れてくるベイトフィッシュ(小魚の類)を捕食していることが
多く、魚さえ居れば非常に高い確立でルアーを喰ってきます。今回のような
下げ潮パターンの場合には、月の明かりや電灯に照らされた水面を注意深く
観察すると、そうした潮目が発生する時間帯があります。たまたま、そうした潮目
を運よく発見できたので、いつものパターンで上流側から流れてくる小魚を演出
するようにキャストを繰り返した時に・・下からドカン!と突き上げるようなバイト!
やっぱり魚が居たのかと安心しました。今回の釣行で、かなり収穫だったのは、
これまで着水時のルアーの立ち上がりで随分悩んできましたが、今回使用した
99Fを使って初めて思い描いていたルアーの立ち上がりの動きで狙った魚を捕ら
えることができたというのは大きな喜びでした。

◎フィールドの状況
日時:2011年9月23日
天気:晴れのち曇り 強い風 乾いた風!
潮時:満潮一時間くらい後 若潮 下げ潮
時間:18:30-19:30
状況:潮が濁りで流れ速し

◎釣果
 シーバス 88cm 1ゲット!

◎今回のタックル
ロッド:ヤマガブランクス EARLY95MLRF
リール:シマノ エクスセンスCI4 4000S
ライン:デュエル X-WIRE 0.8号
ショックリーダー:フロロ16lb
ルアー:シマノ エクスセンス サイレントアサシン99F AR-C レッドヘッド
EXSENCE サイレントアサシン99F AR-C プローモーションビデオ
シマノ(SHIMANO) エクスセンス サイレントアサシン 140F AR-C
シマノ(SHIMANO) エクスセンス サイレントアサシン 140F AR-C
ニュース速報!2011年後詰ルアー登場!       2011.09.23
昨年の後詰ルアーは不発だった為・・・というかシチュエーションや使い方がわか
ってない場合が多いのですが・・・今年はどうしようか?と様々に考えて情報を
収集した結果、シマノのエクスセンス サイレントアサシン99F AR-Cを採用
することとしました。泳ぎに関してはまだまだ未知数ですが、昨夜の釣行でセイゴ
やチヌがアタッてきていたので、集魚効果はありそうです。後は使い方次第です。
先にも記述しましたが、バネを使ってウエイトの戻りを速くして着水時の立ち上
がりを良くしていることが最大の魅力です。個人的にはダイワのカレントマスター
やショアラインシャイナー、デュエルのハードコアミノー130FなどにAR-Cのような
機能がつくと最強なんだけどなぁ・・・と思っています。
シマノ社にお願いするとすれば、超細身の120mmでAR-Cを出して
欲しいです。
EXSENCE サイレントアサシン99F AR-C プローモーションビデオ
シマノ(SHIMANO) エクスセンス サイレントアサシン 140F AR-C
シマノ(SHIMANO) エクスセンス サイレントアサシン 140F AR-C

更新が滞ってしまい申し訳ありません。何かと超多忙ですが、一山超えたので、来週には釣りに行けるようになると思います。話題は変わりますが、随分前に、シーバスをやっていて思ったことが、重心移動の無いミノーをシーバスがステイしている遠くのポイントに投げることができたらいいなと考えていたことがあり、何時だったか釣具店の人に、大好きなダイワのショアラインシャイナーを投げた時に重心を戻すためにトウィッチしなくても良い方法はないか訪ねて気違い扱いされたことを昨日のように思い出します。実際に、飛距離の問題もあるけど、人工的な気配を感じさせたくない状況もあって、特にランカーに口を使わせるためには重要な要素と考えていただけに、立ち上がりの良いルアーが欲しいと思い続けていました。月日が経ち、同じように考えていた人が居たのかどうか定かではありませんが、シマノ社がARーCなるバネを使った重心移動システムを作って下さったのが、本当に嬉しく今秋にも使ってみたいと考えています。着水までに重心が元の位置に戻るということなので、ドリフトさせても違和感を感じさせないだろうし、どんな結果になるのか楽しみなところです。
ニュース速報!なんとか今年初キビレ1号!     2011.08.27
超多忙でなかなか釣りに行けませんが、少しはフィールドの状況も知っておきた
いと思って、ほんの少しばかり釣行しました。ポイントに着くと完全に潮が引いて
しまっているし、先行者は帰り支度していました。とりあえず現在唯一所有する
ポッパーを投げてみましたが、風に煽られてうまいこと動かせません。それでも
しぶとく何とかやっていると何かが追いかけてきている様子が見えます。一度は
フックアウトしましたが今年初のキビレが釣れてくれました。そろそろメッキの
シーズンです。いやーなんとか釣りに行きたいですなー!

◎フィールドの状況
日時:2011年8月27日
天気:晴れ時々曇り 少し風あり 
潮時:満潮3時間くらい前 中潮 下げ潮
時間:11:00-12:00
状況:風で潮が少し濁る

◎釣果
 キビレ 1ゲット!

◎今回のタックル
ロッド:ヤマガブランクス EARLY95MLRF
リール:シマノ 10エクスセンスCI4 4000S
ライン:デュエル X-WIRE 0.8号
ショックリーダー:ナイロン12lb
ルアー:デュエル シルバーポップ60 クリアートロピカルシュリンプ
ニュース速報!大潮だが・・・根魚ゲーム!       2011.08.20
アジング狙いで釣行したものの、お盆休みなので、どこの漁港も盆踊りを
やっていて、太鼓や大音量で釣りができるような状況ではありません。今回は
さすがにアジの群れも移動しただろうと思いつつ、大潮の満潮を挟んでポイント
に立ちましたが、フグすら食ってこないような状況・・・特にシーバスなんかは耳
が良いので重低音の太鼓の音がしている時は釣れた例がありません。
ある意味ほっとしたというか、自然のリズムに沿ってアジの群れはどこかへ移動
していました。アジが釣れないのが分かったので、少しばかりボトムを意識しなが
ら、ワーム+ジグヘッドを海底で転がすような感覚で根魚を狙ってみました。
大雨で流された枝などが沈んでいたら一発で根掛りしてしまいますが、そこまで
海底が荒れている感じはなかったです。結局、予想通りのカサゴを一匹釣って
丁寧にリリースして帰途につきました。

◎フィールドの状況
日時:2011年8月15日
天気:晴れ時々くもり 緩い風 生暖かい
潮時:満潮前後 大潮 上げ潮・下げ潮
時間:20:30-22:00
状況:潮がやや濁りで穏やか 

◎釣果
 カサゴ1匹 

◎今回のタックル
ロッド:シマノ ソアレSS S800ULS
リール:シマノ ソアレCI4 C2000PGS
ライン:サンライン・スモールゲームFC フロロ 2lb
ジグヘッド:メバル弾丸1.5g 月下美人 SW ライトジグヘッド鏃(やじり)1.5g
ワーム:マリア ママワームⅡスリムクローラー 2.3インチ 蛍光ピンク
     レイン アジミート
ニュース速報!アジング!上げ潮理論パートⅡ! 2011.08.07
超多忙ですが、上げ潮及び満潮前後に活性が一時的に高まるアジを狙って
ほんの少しだけ釣行しました。一週間前のことなので記憶が明確でない部分
もありますが、今回はアジの時合を逃さないよう早めにポイントへ着いたので
釣果も前回より多く5匹という結果でした。図面があると一目瞭然なのですが
汽水域ではシーバスやアジの餌となるベイトフィッシュや多毛類が数多く存在
するのと狭いエリアでの捕食活動が効率的に行えるので、比較的良型のアジ
の群れが接岸します。こうした河口エリアでは水深が浅く根掛りしやすいので、
サビキ釣りの人は皆無ですし、フカセ釣りでも潮がほどよく動かないと釣りになり
ませんので、アジングするには絶好のポイントとなります。アジの群れが数多く
接岸していれば意外とたやすくクーラーに入りきれないほど釣れますが、渋い
時期でも釣れる時合があります。それが、「上げ潮理論」です。
前回も申し上げましたが、汽水域の海水と淡水は簡単に混ざり合うことは
ありません。川の上流から流れる淡水は上層部を流れ、中層から底までは
海水の層が存在します。想像力を働かせてよーく考えてみると、上流からは
常に海側に向けて淡水が流れており、下げ潮になると下げるスピードが上がり
スピードが増すと共に海水の層が薄くなります。この状況でも魚が多ければ
簡単に釣れます。しかし、この状況で釣れない時にこそ、上げ潮を狙ってみる
のも、面白いのです。上げ潮の時は淡水の流れに逆らって底を這うように海水
が川を遡ります。この時の満潮1時間前くらいは海水の層が太くなっており、
汽水に慣れていない魚でも表面を流れるエサを捕食するのに最も都合の良い
時間になります。上げ潮でも満潮の2時間前くらいでは魚のスイッチが入りま
せんので、1時間前くらいから狙うとちょうど良いでしょう。アジが回遊する地域
であれば、どこでも応用できる気がしますが、試してみてください。

◎フィールドの状況
日時:2011年7月31日
天気:晴れ時々くもり 緩い風 生暖かい
潮時:満潮前後 大潮 上げ潮・下げ潮
時間:20:30-22:00
状況:潮がやや濁りで穏やか 

◎釣果
 アジ5匹 

◎今回のタックル
ロッド:シマノ ソアレSS S800ULS
リール:シマノ ソアレCI4 C2000PGS
ライン:サンライン・スモールゲームFC フロロ 2lb
ジグヘッド:メバル弾丸1.5g 月下美人 SW ライトジグヘッド鏃(やじり)1.5g
ワーム:マリア ママワームⅡスリムクローラー 2.3インチ 蛍光ピンク
     レイン アジミート
ニュース速報!アジング!上げ潮理論を検証!  2011.0731
多忙で、なかなか釣行できず、もどかしい気もしてましたが、疲れた体にムチ
打って何とかフィールドにでてみました。シーバスで一つパターンとなった、上げ潮
理論をアジングでも応用できないか?と思いつつ、今夜に限っては上げ潮の
流れが効いている時間帯での釣行です。上げ潮理論とは簡単に説明すると
汽水域で上流の河川から流れてくる真水と下流から押し上げてくる海水は
交じり合うことが少ないので、真水は水面から中層を占め、海水は海底を
這うように上がってきます。そこで、海の魚は真水を嫌うので、海水の層に
居て捕食活動を行うわけですが、上げ潮の時に海水の層が厚くなるので、
この海水層が厚くなって魚の活性が急激に上がる時間に狙い撃ちするという
考え方でシーバスやアジを釣ります。イメージ的には表層に魚がエサを追って
くるのではなく、真水層と海水層の境目あたりで、アジが捕食活動をしている
といった感じになります。実は何度も経験しているのですが、エサ釣りではタフな
時間帯になるため、産卵絡みのアジが群れている時は、ジグヘッドのフックが
金属疲労を起こしてしまうほど爆釣したことが何度もあります。今回は、もっと
掘り下げて少数ながら存在するアジを狙い撃ちできたので、大きな収穫でした
。具体的には真水が流れてくる上流側にジグヘッド+ワームを投げて
真水と海水の境目をスライドさせてアジを食わせるといった感じです。また、
今度、詳しく解説いたします。

◎フィールドの状況
日時:2011年7月29日
天気:晴れ時々くもり 緩い風 生暖かい
潮時:満潮直後 大潮 下げ潮
時間:19:50-22:00
状況:潮がやや濁りで穏やか 

◎釣果
 アジ2匹 

◎今回のタックル
ロッド:シマノ ソアレSS S800ULS
リール:シマノ ソアレCI4 C2000PGS
ライン:サンライン・スモールゲームFC フロロ 2lb
ジグヘッド:メバル弾丸1.5g
ワーム:マリア ママワームⅡスリムクローラー 2.3インチ 蛍光ピンク
トップに戻る|コメントする
ニュース速報!シマノ+シマノでアジング!     2011.07.17
今回の釣行は特別な意味を持っていて新しい装備を試すミッションを帯びて
いました。最近はアジも不調だけに、セイゴでも釣ってロッドやリールの具合を
確かめることが出来ればと思いつつキャストを開始。今回のようにシマノ社の
ロッドとリールを同メーカーで合せたのは初めてでした。使用感は非常に軽い
しかも振りぬけが良く細いフロロ2lbでも違和感無く使える。しかも、以前より
かなりジグヘッドリグを飛ばすことが出来る。この点については、すぐに手になじみ
元々使っていたタックルのように使用できました。そして、ゴゴンッと硬いアタリ!
すぐにアジだと分かりました。なかなかの締め込むような引き味・・・・ドラグを
アジング向けに柔らかく設定していたので、リジッドサポートドラグが小気味よく
軽快な音を立てて作動します。ランディングすると珍しいことに産卵絡みの
居残りアジでした。その後、フグの猛攻に耐えながら4匹のアジに加えてシーバ
スを4匹釣りましたが、ガイドバランスも良いし、とにかく全てにわたって考え抜か
れたと思わせるような仕上がりでした。数多くのロッドメーカーがありますが、
使用するリールとのバランスを考える時期に差し掛かっているようです。特に
アジングにおいては繊細な奥深さがある故に、このロッドはこのメーカーのどの
リールを使うことを推奨しますみたいな・・・そうした部分まで造り込む必要が
ありそうです。昨夜はいろいろと考えさせられました。

◎フィールドの状況
日時:2011年7月13日
天気:晴れ時々くもり 緩い風 生暖かい
潮時:満潮1時間後 大潮 下げ潮
時間:21:30-23:30
状況:潮がやや濁りで穏やか 

◎釣果
 アジ5匹 シーバス4匹

◎今回のタックル
ロッド:シマノ ソアレSS S800ULS
リール:シマノ ソアレCI4 C2000PGS
ライン:サンライン・スモールゲームFC フロロ 2lb
ジグヘッド:メバル弾丸1.5g
ワーム:ガルプ!
トップに戻る|コメントする
ニュース速報!梅雨の晴れ間にカサゴ!     2011.07.02
本当はアジ狙いでの釣行でしたが、どのフィールドも梅雨の大雨の影響で濁り
が凄く、淡水の影響をかなり受けているようでした。結局、アジの姿は小さな
豆アジくらいしか見つけることが出来ず、産卵絡みのアジを発見することは、
出来ない状況となりました。隣の津久見市で産卵絡みのアジを一匹だけ釣っ
ただけなので、ベイトとなる小魚が数多く接岸している津久見市の方が分が
あるかな・・・と考えています。淡水が多すぎても厳しくなるので、シーバスか
チヌに切り替えてみたいと思います。

◎フィールドの状況
日時:2011年7月1日
天気:くもり 緩い風 生暖かい
潮時:満潮1時間後 大潮 下げ潮
時間:21:30-23:30
状況:潮がやや濁りで穏やか 

◎釣果
 カサゴ1匹 極小メバル1匹

◎今回のタックル
ロッド:オフト ウォ-ターサイド Xplus78
リール:シマノ 11 バイオマスター 2500S
ライン:サンライン・スモールゲームFC フロロ 2lb
ジグヘッド:メバル弾丸1.5g
ワーム:ガルプ!
ニュース速報過去ログ
トップに戻る|コメントする
fimo
爆釣速報
カスタム検索
・HOME
・サイトマップ
・ご利用ガイド
アジング

Facebookページも宣伝
そるおた(Facebookモバイル)
■そるおたリンク
爆釣速報
週刊つり太郎WEB
K-TEN Laboratory
Stunな毎日
山猫のしっぽ
FISHWORLD
KEEP ON KEEPING ON
軟弱釣師のひとりごと
Shore Type
ルアーフィッシング宇和海
水産試験場
九州釣り情報
潮汐表 tide736.net
気象庁 天気予報
シーバス情報はここ!
ルアー情報はここ!
釣りの情報を検索!
川鱸の情報はここ!
資源保護に努めよう!
ルアー買うならここ!
■そるおたメンバー紹介!
山猫玉三郎
■そるおたメンバー紹介!
オニさん
■そるおたメンバー紹介!
ジュンジー!
■そるおたメンバー紹介!
ヒロ!
Google
アジングチヌゲーシーバスメバルその他そるおたタックル研究そるおたランキングそるおたルアー用語辞典
HOMEご利用ガイドお問い合わせコメントBBS
【SALTWATERS.JP】は、海のルアーフィッシングのテクニックやポイントの選定、タックルなどを探求します! ソルトウォーターズ公式サイト