【SALTWATERS.JP】は、その他のルアー対象魚のテクニックやポイントの選定、タックルなどを探求します!ソルトウォーターズ公式サイト
HOMEへ アジング チヌゲー シーバス メバル その他 そるおたタックル研究 そるおたランキング そるおたルアー用語辞典
その他TOP
プリスポーンのクロソイ! Update 2007.03.27

クロソイが接岸!

春のクロソイは食欲旺盛!

小潮で満ち込みという条件ではあったものの、前日にフックアウトしたシーバスの感触が手に残ったままだったので、短時間ですが再び新ポイント・ジャブローへ挑んでみました。

さすがに風も無く小潮の満ち込みとなると海面も静かでベイト気すら感じさせてくれません。

しかし、こういう日は潮の流れがどの方向から流れてきて、どんな風に絡んでいるのか?つぶさに観察ができるので、釣れなくても斥候に来たと思ってキャストを繰り返しました。

クロソイ急浮上!

クロソイは浮上してくるようにバイトする!

シーバスを釣るには、あまりにも潮位が低すぎると判断して、可能性のある護岸際を狙って上流側にCD9をキャストして探りを入れてゆくと、ガチャガチャとプラグの揺れる音とともにクロソイがヒット!ストラクチュアについていた個体が下から飛びついてきたような勢いでした。

最近のベイトについて考えると、真水の影響を受けない塩分濃度の高いポイントでの常夜灯周りにはスルメイカの仔が群れていて、群れの規模が小さいので2日もすれば食べ尽くされて群れがなくなり、数日後に新たな群れが接岸してくるといった状態が続く状況。

汽水域では降雨がなく晴天が続くと河川の奥深くまで、イワシの仔とみられるベイトが入り込んでいて、雨が降る度にどこかへ移動していなくなってしまう状態・・・この時期のシーバスは秋のシーバスがサヨリにつくような極度の偏食性は示していない様子で、イワシが入ればイワシも食べるし、イワシがいなければ、小さなカニやクロダイの稚魚などを捕食してます。(ヒロが確認)

イワシの接岸にムラがあるのに、何故、シーバス、クロダイ、クロソイの魚影が濃いのか考えると、汽水域にはカニや他魚の稚魚、月が出ると多くなるバチ抜け現象などの労をかけずに捕食できるベイトが数多く存在するのがその理由かもしれません。

短時間ながら、今日もクロソイが一つだけ・・・次回はポイントを絞り込んで、ちょうどいい時合に強襲してみたいと思います。

その他
トップに戻る
カスタム検索
・HOME
・サイトマップ
・ご利用ガイド
アジング

Facebookページも宣伝
そるおた(Facebookモバイル)
■そるおたリンク
爆釣速報
週刊つり太郎WEB
K-TEN Laboratory
Stunな毎日
山猫のしっぽ
FISHWORLD
KEEP ON KEEPING ON
軟弱釣師のひとりごと
Shore Type
ルアーフィッシング宇和海
水産試験場
九州釣り情報
潮汐表 tide736.net
気象庁 天気予報
シーバス情報はここ!
ルアー情報はここ!
釣りの情報を検索!
川鱸の情報はここ!
資源保護に努めよう!
ルアー買うならここ!
Google
アジングチヌゲーシーバスメバルその他そるおたタックル研究そるおたランキングそるおたルアー用語辞典
HOMEご利用ガイドお問い合わせコメントBBS
【SALTWATERS.JP】は、その他のルアー対象魚のテクニックやポイントの選定、タックルなどを探求します!ソルトウォーターズ公式サイト