【SALTWATERS.JP】 そるおたタックル研究は実績のあるタックルやトレンド情報をお届けします!ソルトウォーターズ公式サイト
HOMEへ アジング チヌゲー シーバス メバル その他 そるおたタックル研究 そるおたランキング そるおたルアー用語辞典
タックル研究TOP
メバル用のワーム! Update 2008.02.10

スクリューテールはマジ釣れる!


オフト(OFT) スーパーグロースクリューテールグラブ 1.5インチ
オフト(OFT) スーパーグロースクリューテールグラブ 1.5インチ





メバル狙いでのライトタックルゲームで絶対と言えるほど必携なのがオフトのスクリューテールグラブです。バスフィッシングが盛んだった頃はシーバスのアイテムに限らずメバル用のワームも店頭には少なく、マルキューのグラスミノーSぐらいしかライトタックルゲームで使えるようなワームは置いてませんでした。

海のライトタックルゲームでは昼間に釣ろうものならフグの襲撃を受けてすぐにワームがかじられてボロボロになってしまうので、ナイトゲームが主体になるわけですが、その当時は蛍光色のワームを探すのに随分苦労した思い出があります。

その後、バスブームが環境破壊とされる外来魚指定などによって釣具店でもバス用グッズの売り場が縮小してしまったのですが、そうした中で店頭で初めて見つけたのがオフトのスクリューテールグラブでした。

何の気なしに買ってみて袋を開いてみると歯磨き粉のような爽やかな香りがするので、それが今なお強烈な印象となっています。

実際に使い続けていますが、自分が愛用してるのはスーパーグローでピンクのグリッター入りタイプのもので、田舎の薄暗い漁港などのシチュエーションでは普通のグロータイプよりも夜光剤2倍のタイプの方がメバルの反応が良いように感じています。

シラスをベイトにしてメバルが食ってるときなんかは抜群の釣果を叩き出してくれますが、形状のギザギザが水流を受けて美味しそうな波動を起こしてメバルに対して何らかのアピールをしているのかもしれません。

今やメバル用ワームの代名詞となりほとんどの釣具店には置いてあるような状況ですが、欲を言えば素材をもう少し粘りのあるものに改良して本体が裂けにくいような工夫をして欲しいと思います。

メバゲーには外せない!

マリア(Maria) ママワームエコ シラウオ
マリア(Maria) ママワームエコ シラウオ






マリアのママワームシラウオは主にアジングで使うことが多いのですが、元来はメバル用として売り出されているのでメバル用としても必ず使用するワームの一つです。

実際に懐中電灯などで本体を照らして暗い場所で確認してみると、発光力が凄く、真っ暗な水中でのアピール力は高いと感じ取れると思います。

本体は一般的なワームと違ってプリプリ感のある変わった素材で作られていて、引っ張るとゴムのように伸びます。

こうした素材の特性とシラウオのような形状が非常にマッチングしており、水流を受けると生きている魚のように微妙に動いているようです。

1グラム前後の軽いジグヘッドとの相性が良いので、メバルを釣る際には表層から探りを入れるときに使っています。

このママワームシラウオはシャンクの長いジグヘッドに装着すると本来の動きが損なわれるので純正のマリアのビークヘッドやエコギアのシラスヘッドに装着して使うといい感じです。

期待していたのだが・・・・!

エコギア(ECOGER) メバル職人 ストローテールグラブ
エコギア(ECOGER) メバル職人 ストローテールグラブ





随分前の話になりますが、釣具店にスクリューテールグラブが在庫切れしていたので、形状的にも良く似ていると思ってエコギアのメバル職人ストローテールグラブを買って使ってみたのですが、その日は何にも釣れず見事に撃沈。

エコギアというネームバリューもあるし開発者も実釣を重ねて製作してるだろうから自分の使い方がまずかったのだろうと思って純正のエコギアシラスヘッドに装着して使ってみるけど小さなメバルは釣れてもミドルサイズのメバルは見向きもしませんでした。

ただし、物が悪いというよりは製作者の意図する釣り方が自分にできていないだけだと思うので、もうしばらく使い方の研究を継続してみようと思っています。

もう少しスリムなら・・・・

フィナ(FINA) メバル専用ワームじゃこまろ2インチ
フィナ(FINA) メバル専用ワームじゃこまろ2インチ





最近、店頭で見つけたので買って使ってみました。形状は少しボディーがふっくらとして先端にいくにつれて細くなっていますが、素材はゴムのように伸びのあるものになってるようです。

まだまだ十分使いこなしているとは言い難いですが、メバルの反応はまずまずといったところでしょうか。

工夫を施すべき点があるとすれば、ほんのちょっとだけボディをシェイプしてテール部分は円錐形に細くするのではなく、水流を受けると微妙に揺れるような微細な突起物やディンプルがあれば、もっと釣れるワームになるんじゃないだろうかと勝手に想像しています。

とりあえず今回は実際に使っている4つのメバル用のストレート系のワームを紹介しました。
そるおたタックル研究
トップに戻る
カスタム検索
・HOME
・サイトマップ
・ご利用ガイド
アジング

Facebookページも宣伝
そるおた(Facebookモバイル)
■そるおたリンク
爆釣速報
週刊つり太郎WEB
K-TEN Laboratory
Stunな毎日
山猫のしっぽ
FISHWORLD
KEEP ON KEEPING ON
軟弱釣師のひとりごと
Shore Type
ルアーフィッシング宇和海
水産試験場
九州釣り情報
潮汐表 tide736.net
気象庁 天気予報
シーバス情報はここ!
ルアー情報はここ!
釣りの情報を検索!
川鱸の情報はここ!
資源保護に努めよう!
ルアー買うならここ!
Google
アジングチヌゲーシーバスメバルその他そるおたタックル研究そるおたランキングそるおたルアー用語辞典
HOMEご利用ガイドお問い合わせコメントBBS
【SALTWATERS.JP】 そるおたタックル研究は実績のあるタックルやトレンド情報をお届けします!ソルトウォーターズ公式サイト